• 総務部

仕事は段取り八分!

10月5日に、若手社員を中心とした

社会人としての基礎を学ぶための研修、

丸紅塾(第4回)があり、今回は「段取り」について学びました。


〈段取りとは〉

 ①事を運ぶための順序や手順。また、その準備。

 ②芝居などで筋の運びや組み立てをすること。

 ③心構えをすること。


建設業でいうと・・・

支障なく工事に着手したり、円滑に進められるよう

事前に準備・計画をおこなったりすること。

また、工事工程に基づいて

資材・労務・仮設機械などの計画を立て、手配すること。

段取りができていたか各々ふり返り中


私は以前から

段取りが大事とよく耳にすることがあったのですが

正直、スケジュールとの違いがよく分かっていませんでした。

しかし、今回の研修で

スケジュールは仕事(物事)をおおまかに把握し、

予定や日程をきめて進めていくこと。

段取りは目的(ゴール)を明確にし、

そのために必要な準備(何の作業が必要かなどの情報収集)をして

時間軸、予算、人工などさまざまな角度から

より立体的に計画をすることであるとわかりました。


今までは、スケジュールだけ立てて

仕事をすることが多かったのですが、

これからは段取りもおこない効率的に仕事をしていきます。

またそのなかで、決して妥協することなく考え抜き

完成度の高い仕事を目指します。



※今回の研修も人との距離を十分に保ち、

 常に換気をしている状態でおこなっております。



(K.M)