top of page
  • 総務部

時間の主導権の握り方 ~丸紅塾で学んだこと~

更新日:2022年11月30日

新入社員Kです。

11月23日に入社4-7年目社員を対象とした研修「丸紅塾」がおこなわれました。

今回のテーマが誰にとっても関わりのある重要なもののため

新入社員と入社2-3年目社員も参加しました。


仕事の進め方やタスク管理についてお話をお聞きしました。


・仕事で大切なことは期限を守ること。


・働き方改革により、週休2日、残業を減らすという働き方になり

 今までより働ける日数を減らさなけらばならない。


・売上は今まで以上に。


限られた時間で最善の仕事をし、最大限の利益を生むためには

どうすればいいのかを学びました。


先輩から話をきく


『時間の主導権』を自分のものにすることが大切ということを学びました。


「これはどうすればいいですか?」と相手に答えを求めると、

相手の意見で動くことになってしまいます。

これでは期限には間に合いません。

そのため「自分はこう思うんですけど、どうすればいいですか?」と

自分の考えを伝えてから質問することで時間の主導権を自分で握れることを学びました。


また、段取りをすることで時間の主導権を握れることを学びました。

段取りを考えるには先読みすることが大切です。

先読みをすることで、いくつかのパターンを考えることができ

問題が起きても、すぐに対応ができます。

直前になって焦って考えるという時間がなくなり、効率よく仕事ができることを学びました。


今後は、自分の考えを持ってから質問をし、

段取りをするときは仕事のイメージをしながら先読みして、

時間の主導権を自分で握っていけるように努力していきます。


(新入社員K)

Comentarios


bottom of page